最新記事

日本の教育現場では、いろいろな問題が発生しています。
時代とともに教育に関する問題も変わってきており、状況に合わせた適切な処理によって解決をしていく必要があります。
これらの問題においては、まず内部的要因として子供自身の問題があります。
いじめや不登校、非行をはじめ校内暴力や学級崩壊など問題は多岐に渡ります。
また、学力低下や受験戦争による疲弊や障害、メディアの発達による活字離れなどもこの分類に入ります。
一方で外部的要因としては少子高齢化などが関連しており、インターネットやスマートフォンの発達に伴い学校裏サイトやSNSアプリケーションによるいじめなどがあります。
このように時代背景やその時の世の中の状況によってさまざまな変化があるほか、地域や経済状況による格差もあります。
制度自体の問題も非常に深刻なものがあり、教師による管理教育や詰込み教育など生徒の個性を顧みない無理な授業などが社会問題になています。